イギリス旅行では建物を見るべき

色々な建物がありますから

イギリス旅行では、なんといっても長い歴史の遺構、或いは現在も燦燦と輝いている建造物を見るところにあります。さすがに歴史が長いだけに十分に見るところがあります。その一つが、ウェストミンスターです。ノルマン人の推挙で、王となった、イングランド王エドワードが建築した修道院です。壮麗な雰囲気のあるところです。その後、ハロルド2世がウェストミンスター寺院において、戴冠式を行ったのです。つまりは、そのくらい権威のあるところになったわけです。現在のイギリス女王エリザベスもここで戴冠式を行っていますから、そうした意味でも一見の価値はあります。

墓地のようなところも観光地

ウェストミンスター寺院は寺院と言うくらいですから、普通に墓地として使われていたこともあります。18世紀ごろまでの偉人の多くがここに埋葬されています。他にもお勧めできるところがあります。それがロンドン塔です。昔は城砦であったり、処刑場であったりすることもあった複雑な事情を持つところです。しかし、見るべきところはそこではなく、宝石です。王家伝来の宝石が展示されています。世界最大級のダイヤモンドがあります。他にもバッキンガム宮殿、タワーブリッジなど見るところはいくらでもあります。イギリス旅行は、魅力的なものであるといえます。

ここで神奈川にいるタビマスターズを探して旅に出よう。