旅行先で友達とある事して盛り上がります。

あいうえお作文が趣味です。

旅行の時は私達の間で、あいうえお作文が流行ります。例えば静岡なら「しずおか」であいうえお作文をすると言う感じです。ちなみに私が作った静岡のあいうえお作文なら「し‥しっかり腹ごしらえも勿論ず‥ずっしりと重厚な雰囲気漂う浜松城もお‥オシャレもバッチリしてか‥ガッツリ楽しみます。」です。(「か」で「ガッツリ」って書いているのは愛嬌と言う事で。)

こう言うあいうえお作文がなぜ私達の間で流行っているかと言うと多分俳句よりも簡単に旅の思い出とかが凝縮できるからじゃないかと思います。頭のちょっとしたトレーニングも出来ますしね。

友達同士で白熱します。

俳句や短歌も勿論良いですが私は5・7・5とかに合わせるのがどうしても苦手です。字余りや字足らずも苦手だったりもします。そんな私屋彼女らも俳句で有名な愛媛県松山出身。それなのに俳句や短歌が苦手って変にギャップが端から見ればあるかもしれませんが、代わりにあいうえお作文なら私達はなかなかの腕前と思っています。

旅行ではこんな感じに青春と共にあいうえお作文を作るのが中々楽しいです。友達が私達とは別行動をして、SNSに自分が行った先のあいうえお作文をアップしてそれを見て「負けていられないな」と思ったりもします。

夏になったら豊川行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。