良い旅行先を決める方法としては

目的がはっきりとしている旅行を

旅行というのは、意外と満足度が高くなるようにするのが難しいです。何しろ、何かしら不満が出たりするからです。そこでお勧めできるのが少なくともこれはしたい、という目的をはっきりとさせておくことです。それによって、少なくとも一つは旅行の目的が達成できるようになるからです。これが良い旅行をする為に必要な考え方であるといえます。ですから、旅行先があって、目的を決めるのではなく、目的を決めてから、旅行先を定める、という展開にすると満足の行く旅ができるようになります。折角いくならば、満足できるようにするべきです。

観光や食事やお土産など

旅行の目的は様々です。それこそ、参詣が目的であることもありますし、食事が大事な場合もあります。海の幸、山の幸を堪能する、ということができます。様々な工芸品を買う、ということもできます。景色を楽しむこともできます。夏草、紅葉、雪景色なんかもよいところは一杯あります。国内旅行だけでも沢山の見所があります。もちろん、海外旅行も良いです。見識を広める、という点においては海外の旅行はかなりお勧めできます。異文化交流というのは、非常に良い経験となるので、目的する価値があります。日本とは違った雰囲気を味わうことができるのが、海外旅行の良い点です。

春になったら朝倉に精通しているタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。

旅行先で友達とある事して盛り上がります。

あいうえお作文が趣味です。

旅行の時は私達の間で、あいうえお作文が流行ります。例えば静岡なら「しずおか」であいうえお作文をすると言う感じです。ちなみに私が作った静岡のあいうえお作文なら「し‥しっかり腹ごしらえも勿論ず‥ずっしりと重厚な雰囲気漂う浜松城もお‥オシャレもバッチリしてか‥ガッツリ楽しみます。」です。(「か」で「ガッツリ」って書いているのは愛嬌と言う事で。)

こう言うあいうえお作文がなぜ私達の間で流行っているかと言うと多分俳句よりも簡単に旅の思い出とかが凝縮できるからじゃないかと思います。頭のちょっとしたトレーニングも出来ますしね。

友達同士で白熱します。

俳句や短歌も勿論良いですが私は5・7・5とかに合わせるのがどうしても苦手です。字余りや字足らずも苦手だったりもします。そんな私屋彼女らも俳句で有名な愛媛県松山出身。それなのに俳句や短歌が苦手って変にギャップが端から見ればあるかもしれませんが、代わりにあいうえお作文なら私達はなかなかの腕前と思っています。

旅行ではこんな感じに青春と共にあいうえお作文を作るのが中々楽しいです。友達が私達とは別行動をして、SNSに自分が行った先のあいうえお作文をアップしてそれを見て「負けていられないな」と思ったりもします。

夏になったら豊川行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

中国に行くことにはとても

旅行として中国を選択

海外旅行としてお勧めできるところとしては、やはり中国です。さすがに物価は高くなっていますが、それでも日本に比べたら大したことはないです。それに歴史が深いですから、非常に見るべきところがいくらでもあります。まず、首都である北京は色々とお勧めできるところがあります。その一つが北京故宮であり、要するに昔でいうところの紫禁城のことです。要するに皇帝が住んでいたところです。ちなみに1987年に世界遺産に登録されています。非常に大きなところであり、72500平米もありますから、一回り見て回るだけでも数日かかります。

なんといっても万里の長城

中国といったら、なんといっても万里の長城です。ちなみに一箇所だけが観光地になっているわけではなく、それこそ、数十箇所の見れるところがあります。観光地化しているところが、何十、何百とあります。何しろ、中国北部をかなり横に広がっている長い城壁です。観光として見れるような施設があるところは意外と限られていますが、そもそも日本列島を往復できるくらいの長さがあります。その為、極めて沢山の見れる場所があります。つまりは、どの場所からでも比較的に観光しやすい建造物であり、南部観光でない限りは、見に行く機会を作れます。

ここから海南に精通しているタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。

栃木県に旅行に行ってきます。

栃木の有名な観光地紹介

大学生の友達と、2泊3日で栃木県へ旅行に行ってきます。栃木県で一番の観光スポットといえば、日光東照宮です。ここにはもちろん行きます。他には、鬼怒川市と那須市と宇都宮市に行きます。宇都宮は、宇都宮餃子を食べて、餃子の像を見に行きます。それだけです。鬼怒川は、有名な鬼怒川温泉に入るために行きます。那須は、那須高原です。大学生が生きたいと思うようなところはありませんが、那須高原では、アルパカを見ることもできます。栃木県の旅行で特徴的なのは、栃木の各都市間の距離が結構離れているため、お金がかかるし、たくさん観光できないということです。

旅行の際の、交通アクセス

栃木県に行くための交通アクセスは調べなければなりません。東海地区から行くとすると、まずは東京に行く必要があります。東京に行くには、新幹線でもいけますが、費用がかなりかかるので、バスがお勧めです。特に深夜バスは出発してから朝に現地に到着することができるので観光地でよりたくさん時間を過ごせます。つまり、バスは寝るという目的があるためそこで暇になるということはなく時間は割かれないということです。東京についたら、宇都宮、日光、鬼怒川、那須という順番に観光地を巡ります。東京を必ず通るので、東京を観光してもいいかもしれないです。

冬になったら島根のタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。

旅行先としてイギリスはよいです

イギリスは意外と広いです

イギリスに旅行をすることはかなりよいことではあるのですが、それなりに広い国です。まして、地方によって、色々な特徴がありますから、出来るだけ目的をはっきりとさせることが効率的に見て回ることができるようになります。お勧めできるところといいますとロンドンです。さすがに首都ですから、たくさん見るところがあるのです。その一つとして、ウエストミンスター宮殿横の国会議事堂にある時計台があります。このウェストミンスター宮殿もかなり見応えがありますから、そちらも見てみることをお勧めします。極めて威厳のある建物になっています。

時計台の正式名称は実は

時計台は、正式名称はエリザベス・タワーといいます。しかし、殆どの人がビッグ・ベンと呼んでいるものです。ビッグベンというのは、時計塔の鐘の中で最も大きな鐘の愛称です。ロンドン観光においては、殆どの人が訪れるところであり、極めて人気があります。非常に壮観な時計塔ですから、是非とも見学することをお勧めします。ゴッシック様式のこの壮麗な時計塔はある意味ではロンドンの象徴のようなものです。人混みになっていることは確実ですから、それでもいく価値はあります。言うまでもありませんが、他にもロンドンには見所はありますから、観光して見ることです。

ここで岡山にいるタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう

楽しむ以外の旅行の意義

旅行の目的とは(1つ目)

旅行は楽しむというためだけが目的ではないと思います。旅行をすることで、自分の人生経験が豊かになると私は思います。人生経験になる要素というのはたくさんあります。まずは、地理に強くなれるということです。中学、高校で学習した地理は、写真や分での説明に過ぎず、実感がわきませんし、やはり定着しにくいものです。百聞は一見に如かずというように実際にその地に行って初めてわかるものがあるのです。国内の地理を知っていればそれだけたくさんの人との交流が豊かになると考えます。観光地についての話題も増えるので話のネタにもなります。

旅行の目的とは(2つ目)

旅行の意義には、計画を立てる力が付くということもあると思います。旅行の計画を立てるには、たくさんのことを調べたり、考えたりしなければなりません。行きたいところを限られた時間で効率よくめぐるには宿泊する場所と交通アクセスを調べ上げなくてはなりません。また、新幹線や電車を使うときには、料金も意識して決めなければいけないと思います。何も考えずに交通アクセスを決めると、気づいたときにはお金が莫大になっているということもあるかもしれないのです。ですが、これらを自分で組み立てることができたら、その時には相当になスキルが身についているということでもあるのです。

夏になったら長崎のタビマスターズを探して旅に出てみよう。